人を知る

ムネカタ独自の材料、技術開発を目指して

研究開発のメインビジュアル

2018年入社

T.O

部署:研究開発

役職:エンジニア

入社から現在までの経歴

2018年
入社

ムネカタ独自の材料、技術開発を目指してムネカタ独自の材料、技術開発を目指してムネカタ独自の材料、技術開発を目指して

interview01

入社のキッカケを教えてください

入社前の先輩社員との交流でより深く興味をひかれた

就職活動の最中や内定を頂いた後など、様々な場面で先輩社員と交流する機会を設けていただき、入社前に会社の雰囲気や研究開発の内容をお聞きしたことで、R&Dセンターで研究開発に携わりたいという思いが強くなりました。お聞きした研究内容も私が大学時代から興味があり、実際に研究していたものだったので、これもムネカタに決めた一つの理由です。

A.S
interview02

現在の仕事内容を教えてください

ムネカタ独自の材料、技術開発を目指した研究開発

R&Dセンターで、ムネカタ独自の材料や技術の開発を目指して情報収集から基礎研究、応用研究まで一貫した研究開発を行っています。R&Dセンターでは、一人一人が研究開発のテーマを持っており、様々な分野の知識を持った方が在籍しています。それぞれテーマは異なりますが、一人で黙々と仕事をするのではなく、チーム内で情報を共有しながら、チーム一体となって研究開発を進めています。

A.S
A.S
interview03

今の仕事のやりがいや、魅力を教えてください

日々の挑戦で得られる、新たな発見

自分の研究テーマに対して、様々なアプローチを考えて挑戦できる機会を得られることです。もちろん、すべてが上手くいくわけではなく、失敗のほうが多いですが、失敗を糧に、新たな発見や、より良い結果が得られた時は仕事のやりがいを強く感じます。また、業務を通して幅広い知見が得られるため、日々知見が広がっていくのを実感できることも魅力の一つです。

A.S
interview04

仕事を通じて成長したことを教えてください

幅広い知識を得たことで、多方面から柔軟な対応できる

広い視野で物事をとらえることが出来るようになったことです。私が研究開発している材料は、様々な分野での応用が期待されている材料です。入社から現在に至るまで、業務を通して幅広い分野の知識が身に付いたことで、一分野だけの凝り固まった考え方ではなく、多方面から柔軟に物事に対応できるようになったと感じています。

A.S
interview05

これからの夢や目標を教えてください

研究開発を事業として発展させ、市場ニーズに応えていく

私が行っている研究開発を成長させ、新たな事業として発展させることです。私の研究は、昨今話題になっている環境負荷を低減する可能性を秘めた材料を使用しています。まだまだ課題は山積みですが、今後はどのような製品に活かせるのか見極めながら、市場ニーズに応えるようなムネカタ独自の材料や製品の開発を目指していきます。

A.S

ある1日の流れ

Time Schedule

8:00

出勤

朝会・チーム内会議、1日のスケジュール確認、メールチェック

8:30

成形試作

自社で作製した樹脂材料の成形試作

12:25

お昼休憩

食堂で日替わり弁当ランチ

13:00

会議

月毎の進捗発表

15:30

評価用試験片の作製

成形した材料の強度評価用試験片の作製・状態調節

17:00

業務内容をまとめ、退社

片付け・1日の業務内容をまとめ、退社

A.S