人を知る

オーダーメイドの機械製作にかける想い

設計(産業機器)のメインビジュアル

2014年入社

K.D

部署:設計(産業機器)

役職:エンジニア

入社から現在までの経歴

2014年
入社

オーダーメイドの機械製作にかける想いオーダーメイドの機械製作にかける想いオーダーメイドの機械製作にかける想い

interview01

入社のキッカケを教えてください

工場見学で、自分が働いている姿をイメージできた

大学の研究室の先生の紹介がキッカケです。当時、就職活動中で『ものづくり』に携わりたいと思っていた時に、ちょうど当社のことを知りました。工場見学に行き、職場の雰囲気やどのようなものを作っているのかイメージできたので入社することを決めました。実際入社してからも部署や上下関係の垣根が無く、困ったことがあれば気軽に相談でき、自分の意見や考えも言いやすい環境です。

A.S
interview02

現在の仕事内容を教えてください

ムネカタの主力製品の設計・製作を担う

主に産業機械と言われる、工場で使用する生産設備の設計・製作です。現在は、当社の主力製品である『インパルスウェルダー』や『フラットフュージョンシステム』の電気・制御設計を行っています。具体的にはCADを使い、制御盤の電気回路設計や、設備を動作させる制御プログラミングを行っています。その後、設計した電気図面を元に配線し、プログラムのデバッグ・動作確認を行い、設備を納品します。

A.S
A.S
interview03

今の仕事のやりがいや、魅力を教えてください

作品を制作するような『こだわり』

一品一様のオーダーメイドで製作するため、機械を作っているというよりは作品を制作している感覚に近いです。設備1台1台に『こだわり』があり、自分の意見も反映させやすいところが『やりがい』です。当社の場合、設備の構想段階から関わり、設計・製造から納品まで携わります。そのため、業務ごとに担当を分けること無く、一貫して設備製作に携わることができることも魅力のひとつです。

A.S
interview04

仕事を通じて成長したことを教えてください

製作した製品の説明をすることで技術力はもちろん、コミュニケーション能力も

技術担当であったとしても設計・製作して完了ではなく、納入先まで納品へ行きます。その後、納入先のお客様に設備の使用方法や、メンテナンス方法について説明することもあるので技術力はもちろんコミュニケーション能力も成長したと感じます。また設備の納品で海外に行くこともあり、その際に様々な人種の方と関わることで、考え方の違いを学ぶこともありました。その経験がより良い設備づくりに活かされています。

A.S
interview05

これからの夢や目標を教えてください

より良いチームを築き、より良い世の中への貢献

特長のあるチームメンバーと一丸になって、より高度な設備製作に携わることが出来るようなチームを築くことが今の目標です。日常で目にすることはないと思いますが、当社の設備・装置で作られた自動車や家電などの製品は世の中にたくさん出回っています。設備を通してジャンル問わず世の役に立つ製品の生産サポートに貢献することが将来の夢です。

A.S

ある1日の流れ

Time Schedule

8:00

朝礼

ラジオ体操・チームミーティング

10:00

電気設計

制御盤の設計

12:00

お昼休憩

お昼寝♪

13:00

打合せ

配線業者と打合せ

15:00

制御設計

制御プログラムの設計

17:00

退社

清掃して退社

A.S